心理療法で耳鳴り治療


趣味で楽しいことをしている時や何かにに集中しているときは耳鳴りは気にならないことがよくあるようです。この自律神経ですが、交感神経と副交感神経に分けられていて相互のバランスで体の中のさまざまな働きを調節をしているのです。例えば仕事でうまくいかずイライラしたり、ストレスが多いときには耳鳴りを強く感じたりすることがあるようです。

耳鳴りの治療法で案外効果があると思われる心理療法についてですが薬物を使った治療法に比べると、副作用のリスクが多少でも少なくて済むのではないかということです。自律神経とは体温をはじめ脈拍や呼吸などのように自分では意識していなくても生命維持のために、体のさまざまな調節をしている神経のことを指しています。そして交感神経が活発に活動している時には、副交感神経が不活発になり交感神経の働きが沈静化してくると副交感神経が活発に働き出して体を癒し休ませながら身体各部の治癒をするわけですね。

これらの方法は時間もかかりますし、毎日の鍛錬が必要になってきて続けることが難しい方もおられるでしょう。私も若かりし頃、バイオフィードバック法を取り入れた電子機器を使って心理不安を解消しようと取り組んだ覚えがあります。まずはじめに自律神経訓練法について、自律神経が耳鳴りと関わっていることは現在のところ明らかだと思われているようです。

自律神経を訓練する方法としては、坐禅やヨガ、気功法、太極拳など体をゆったりさせる運動法や体操なども効果があるようです。そんな場合に割りと短時間で訓練ができる「バイオフィードバック法」という方法を取り入れて、耳鳴り改善に取り組む方法もあります。

耳鳴り 関連で最近気になるコトバはめまい、や、ストレス、や、低音などです。耳鳴りライブ、専門医、難聴についてもよく耳にしますね。